宮城県栗原市立 栗駒南小学校

校長 鈴木  修     989-5341 栗原市栗駒稲屋敷後原前9-2 TEL:0228-45-2180 FAX:0228-45-2241 e-mail:kurikomaminami_es@kuriharacity.jp
 

新着情報

 
表示すべき新着情報はありません。

カウンタ

COUNTER1158956

アクセス解析


ジオターゲティング
 

日誌

教室だより >> 記事詳細

2020/06/26

いつもすぐ近くにいるのに…~国語の学習から~

Tweet ThisSend to Facebook | by:5年担任

先日,5年生は国語「知りたいことを聞き出そう」の学習で,先生方へのインタビューに挑戦しました!

今回インタビューしたのは,次の6人の先生・職員の方々です。

*校長先生
*教頭先生
*教務主任
*養護教諭(保健室の先生)
*主事(事務の先生)
*業務員


普段は,職員室にいらっしゃることが多い先生方です。
普段,関わる機会がなかなか無いので,「せっかくなら!」と,この学習を計画しました。


グループごとにインタビューの計画を立て,いざ,職員室へ!



じゃん!!!!
なんと,校長先生へのインタビューは,校長室で行いました。
さすがに,子供たちもやや緊張気味です。
ご覧ください。
ソファーの背もたれに全然寄りかかっていません(笑)




教頭先生のグループです。
「朝は何時に来るんですか?」「大変なことは何ですか?」
教頭先生は,一つ一つ丁寧に答えてくださいました。
子供たちも,必死にメモを取ります。



教務主任の先生への質問は,「どんな時に焦りますか?」
答えは,「こういうインタビューが来ると,なんだか焦っちゃうなあ!」だそうです(笑)
出張の先生がいるときに代わりに来る先生・・・というイメージが強いようですが,たくさんの仕事があることを聞き出せました。




保健室で行われたインタビュー。
いつもは「保健室の先生」と子供たちは呼んでいますが,正式な名前は「養護教諭」ということを教えていただきました。




事務の先生は,子供たち以上に緊張し,インタビューにどう答えるか,前日から回答を真剣に紙に書いていました(笑)
子供たちのために,ありがとうございます!
おかげで,「事務」と呼ばれる仕事が何なのか分かりました。






業務員さんは,午前中の忙しい時間にも関わらず,その合間に笑顔で快く答えていただきました。
実際に,搬入される給食を受け取ったり,受け取りのサインをしたりする仕事現場を見ることができました!




インタビューした内容は,他のグループの友達に紹介するための文章にまとめました。グループで紹介し終えたら,廊下に掲示しますので,参観日にどうぞご覧ください。


いつもすぐ近くにいる先生なのに,実は分からないことがたくさんあった先生方。
その先生方の仕事を知り,子供たちはいかに自分たちが多くの人に支えられているかに気付けたと思います。

子供たちの感想には,

「大変なことも,楽しいこともあるんだと分かった。」

「ぼくたちがけがをしないように,点検してくれていると知って嬉しかった。」

「見えないところで,私たちのために頑張っている人がいるんだと分かった。」


子供たちは,みんなすてきな文章・感想を書いていました。
今回お世話になった先生方に,これからも積極的に関わっていってほしいです。


「不満を数えるより,感謝を数えたほうが幸せになれる。」という言葉があるそうです。
こうやって周りの世界を知り,たくさんの感謝を数え,お互いに支え合って生きていきたいものですね。





17:29 | 投票する | 投票数(16) | 5年の部屋